同志社大学寒梅館7F - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

同志社大学寒梅館7F

french-restaurant-will-ランチコースB

おもしろ能楽体験の河村能舞台のそばには
同志社大学の校舎が林立しています。
なかでも寒梅館は真横に建っていて、
カフェレストランやフレンチレストランなど、一般の人も利用できる施設が入っています。

そこの最上階7Fでランチコースをいただきました。
Bランチ2600円。
見晴らしがよく、大文字山が東真正面、左大文字が西に見えます。

どうせそんなことやろと思いましたが
8月の五山の送り火の日のディナーの予約がはじまっており
一席18000円どした(^o^)

これしきではブログに書きたいほどにはならないですが
帰りにレジ横のチラシをみて、あっと思いました。

おもや

レストランのご案内
o・mo・ya (ローマ字入力し辛いですわあ、やってみてください)
この店知ってる!
奈良人なら創作フレンチo・mo・yaは聞いたことがあるでしょう
オモヤ(カタカナにします。入力しにくい)ってチェーン店やったんか
寒梅館。その名前の由来です。
新島襄先生が、読まれた歌「寒梅」にちなんで名づけられました

庭上の一寒梅 笑って風雪を犯して開く
争わず、又つとめず 自ずから百花の魁を占む

知ったかぶりしましたが、同志社大学サイトによると意味は同じでも少し違うようです
館名は、新島の漢詩「真理似寒梅敢侵風雪開」(真理は寒梅のごとし。あえて風雪を侵して開く)から命名しています。
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/buildings/imadegawa.html#kambaikan_building

コメント

o・mo・ya

ならまち店 前のL字クランクはよく通っていましたが、そんなお店で
フレンチをやっているなんて初めて知りました。

>くじびきはずれさん

そうでしょう?
できてからそう長くないのに
奈良人ならなんらかの形で耳にしていますよね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME