台湾の果物 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

台湾の果物

フルーツ

台湾のおみやげはなんにもありません。
身軽に行って、身軽にかえってきました。
台湾名物ていうのも知らないし、お買い得商品というのもありませんでしたから。
ドライマンゴーでさえも日本で買うのと値段も変わりませんでした。

釈迦頭(シャカトウ)という果物が美味しかったです。
イボイボがお釈迦様の螺髪に似ているから釈迦頭です。

果肉はドリアンのようにクリーミーで
味はメロンと桃を足したようなそれはそれは甘い果物でした。
香りはほとんどありません。

街中にガンガン並んでいて、これはなんだと若い男の子に尋ねると
英語では言えない果物でそれはそれは甘くておいしいから
ぜったいに食べるべきだと勧めてくれました。

一個、試しに買って、剥いてもらって食べてみたら
ホンマにおいしかったので、それからはむしゃむしゃ食べました。
ドラゴンフルーツのような派手さはないけど
マンゴーに匹敵する美味しさです。
これは絶対にブレイクすると思います。

左の小さいのは若い未熟なマンゴーだと思うんです。
果肉はコりコリして、酸っぱい林檎のような味でした。
皮は渋いので剥いて食べるのでしょう。
これを買った屋台のお爺ちゃんのところでは
リンゴのように剥いて、砂糖水につけたものも売っていました。

下のは干し柿。普通に干し柿でした。
日本と干し方の向きが違うのがおかしくって。
フレッシュナツメとレンブを食べてこなかったのを後悔しています。

屋台で並んでいる見たことのない果物を片端から制覇するって
外国では勇気がいることなんです。

シャカトウは沖縄からお取り寄せできるみたいです
おいしいシャカトウ
シャカトウ販売2㎏入り3200円
台湾屋台での価格はシャカトウは1個30元~80元(100円~300円)でした。

コメント

釈迦頭

実物を見たことあるけれど未体験。

若い男の子との会話が「英語では言えない果物」と言うことから
流ちょうな英語でやりとりさけたのだろうなと推測。

現地で生のフルーツも羨ましいけれど、英語も羨ましいですね。
ここ何年も会話なんてする機会がないから錆びついて出て来ませんもん。

>くじびきはずれさん

機会があったらぜひ食べてみてください。
ところで流暢な英語をあやつったのは青年のほうで
わたしは知ってる単語を並べただけです(^o^)
台湾の若い人はものすごく英語が達者です。
短い時間の滞在でしたが、そう感じました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME