ちょっと石舞台まで - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

ちょっと石舞台まで

今日はうらうらと春の陽気に包まれました。
昨日もいいお天気だったので、ちょっと石舞台までひとっぱしり(^o^)
ひとっぱしりで往復できるほどに体力もついてきました。

橘寺

これは橘寺。聖徳太子さまがお生まれになったところです。
橘寺はいつ写しても逆光なんです。
夕日だと別な映り方がするかもしれないです。

石舞台1

石舞台。
こんなに綺麗になっちゃって。
私が子供のころは小3の春の遠足が石舞台と甘樫の丘が定番でした。
記念写真は石舞台の石の上です!
石室の中にも自由に入ってましたよ(^o^)

石舞台2

それが今では、なんとお花まで供えられていました。
お墓なんだからそれがどうしたって感じですけど。

スポーツちゃりんこ族とはたくさんすれ違いましたが
ジョギングしている人はみかけませんでした。
なんででしょう

コメント

車でなくて

ホンマに足で走って行きはったんですか?

橘寺はまだ平坦な方ですけど石舞台はだいぶ登りますもんね。
岡寺周りで香久山の万葉の森を走破しはったら、もう怖いもん無しでは?

万葉文化館ぐらいに給水所が欲しいところですね。

20年ぐらい前に自転車で走ったことはありますが、今はもう・・・

ほんまです

信号待ちの他は一度も歩いていません
夏と違って、水も必要ないです。

下八釣から香具山を周って甘樫の丘沿いに行きました。
野口の瓦屋根のコンビニがあるところ、亀石からは
石舞台までずっとずっとゆるやかな長い上り坂です。
明日香村はハイキング客が多いので
ちょっと一服する場所があちこちにあって嬉しいコースです。

京終まで往復するのとどちらにしようか迷いましたが
明日香を選んで正解でした。

こうなったらキョリより標高差のほうがこたえます。
岡寺ははるか上にみえるので、帰りも同じ道をたどりました。

ちょっとそこまで

石舞台まで、走って行けるなんて、なんて羨ましい事でしょう。
甘樫の丘は二度登った事がありますが
寄る年波には勝てず、3度目はきっと挫折しそうです。
犬養毅先生の歌碑がありましたね(万葉集ですが)

お疲れ様

石舞台まで走られたのですね!
お疲れ様でした!
それだけ走れたら大丈夫ですよ。 私も奈良マラソンの時は、トレーニングでは、25km位が精いっぱいでしたから。

これで、名古屋の完走が見えてきましたね (^^)/
応援してます!

その前に私の大会が有りますが、なんか自信無くしてきました・・・
思うように走れないんです (-_-;)
まぁ もうちょっと頑張りますわ。

小夏サンへ

うらやましいのは良く分かります。
でもね、一番短距離で行って10Km、あいうえだぁサンの言うてはるように
高低差の大きいのを避けるために香久山の麓を迂回するルートを走ると
15Kmぐらいのコースを往復ですよってに、30Km前後を走って春計算に
なりますねん。
相当に走り慣れてなかったら、僕なんかのヘタレだったら自転車でも
ちょっと考えてしまう距離ですねん。

半世紀を生き抜いて来はったオバチャンが思いついて走る距離やないのが
よう分かってて凄い人やと感心してたんです。

>小夏さんへ

甘樫の丘に二度も登られたことのほうがスゴイと思います。
私でも、結婚するまでに登った回数はたったの一度です。
しかも小3のときの遠足で強制的に登っただけなんです。
歌碑は桜井でも橿原でも明日香でも、さまざまな歌碑が立っていますよ。
もし三度目が実現したら、他のも探してくださいね。

>シマキチさんへ

意気地をなくしてはあきません。
最後の家族イベントやないですか、hooray。
それにしても予報によると明日あさっての寒さといったらありません。
走れる時間のあるときは必ず雨降りか寒いんです。

>くじびきはずれさんへ

そうでした。
もう、半世紀も生きてきたんでした。
いわれるまで忘れてましたわ(^o^)

遠くまでキョリを走るときって、ドキドキするんです。
途中で走れなくなったらタクシーは拾えるんだろうかとか
天気がくずれたらとか、寒くなったらとか。
特に途中で走るのをやめるとものすごく寒さが襲ってきます。

かといって、近くをぐるぐる回るルートだと、根性がついていかず
ぜったい目標よりも早く帰宅してしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME