旬の駅ならやま - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

旬の駅ならやま

旬の駅

ならやま大通りの東の果てに「旬の駅ならやま」というのがあります。
記憶では、平成25年の梅雨どきにできたと思います。

ならやま大通りという道は、わりあい走ることが多い道で
近くには国境食堂というとにかくボリュームが売りのレストランがあったり
国境食堂と同じ敷地のなかには、
味で勝負のステーキのお店「道楽(DOURAKU)」なんかがあったりもします。
道楽のハンバーグランチはおすすめです。

話がそれました。
その旬の駅の前をいちど入ってみたいと思いながら通り過ぎていましたが
このたび初めて車をとめて入ることができました。

中は、橿原市のまほろばキッチンと同じようなコンセプトで
店舗面積は半分くらい、販売ブースのみ。
レストランやイートインはありません。

商品の殆どが奈良県産地場野菜でしたが
隅っこには意外なおもしろい商品が並んでいたのでした。

乾燥きくらげ

奈良県五条産のきくらげ。
国産きくらげをみるのは初めてです。

黒糖生姜

沖縄の黒糖をつかった生姜湯
シークァーサーの生姜湯もありました。
そんな使い方があったのか!
思わず手が伸びそうになりましたが
我が家にはシークァーサーの実がたくさんあります。
飲んでみました。生姜が効いておいしいです。ポカポカしてきました。

横浜のスープカリー
まだ食べていません。

京都の鮮魚。福山の市場みたいでうれしかったです。
釣ってきたお兄さんが、横で市場価格の半分だと一生懸命説明しておられました。
このショーケースをみたとたん、次もこようという気になりました。

うまづらはぎ

うまづらはぎ。
海を知らない奈良県人には
鍋以外に、どう食べてよいかわかりません。
煮付ました。美味しかった。

カマス

立派なカマスは5尾500円でした。
カマスなら奈良県人でも値段の比定ができます。
ほんまに半値です。

コメント

知らんかった

ならやま大通りにそんなものができていたんですか。
カマスは安い!ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ぺんぺん草さんへ

この道を利用されることがあるのなら
旬の駅も肉料理の道楽もぜひのぞいてみてください。
カマスは生です。干してません。
ウロコと内蔵をとりのぞいてくれてあるのがうれしかったです。

平城山

中学校だったかな、平城山という曲を習いました。

人恋ふは悲しきものと平城山に♪

高知出身の歌人、北見志保子作詞、高知出身の作曲家平井康三郎作曲の名曲です。
この記事を読んで、本当に「ならやま」という地名があるんだと思うと
何だか感慨深いものがあります。
行って、み・た・い・・・

>小夏さんへ

そんな歌がありました!歌えますよ!
♪人恋ふは悲しきものと平城山に~
この曲を聴いて想像したのは、今ごろの鉛色の空です。
なんぼ陰気な曲やねん(^o^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

WELCOME