きな臭い夜 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

きな臭い夜

カミングアウトしたことがあると思うのですが
我が家のお風呂は、薪のお風呂です。薪を燃やします。
柱にする木や足場にする木をジョキジョキに切って薪にしています。

ボイラーで沸かした湯を給湯することもできますが
薪だと燃料費はタダだし、冷めたお湯をアツアツにするには給湯ではパワー不足だし。

お風呂1 お風呂2

中からみると、ただの(今どきではめずらしいかも)ステンレスの浴槽ですが
浴槽の底が空洞になっていて、外から薪をくべます。
木が燃えているときは底があっちっちになるので、こんなケヤキ板をしずめて入ります。
浮いてこないように、ダンベルを溝にのせています。

お風呂3

そのお風呂が事件です。

煙突がつまりました。
浴室の中に、白い空気がただよっていて
湯気かとおもったら、それは煙でした。

燻煙の匂いならよかったのだけど、火事の匂いがします。
窓を開けたら外からますます濃い煙が入ってきて
あわてて閉めました。

中庭は煙だらけ。家の中もちょっと臭いです。
こんなトラブル、誰に説明しても理解してもらえないですね。

コメント

それはわたしです(#^.^#)

いるじゃないですか~
この状況のわかるのはわたしです(笑)

懐かしい香りが(香りと言うのも変ですが)してくるような気がします(*^_^*)
大変だけど煙突掃除してくださいね~

撒き風呂と言えば木製だとばかりおもってましたが
ステンレス製の下からくべる撒き風呂があったんだ!

浮き板(実家方面ではこう呼びます)が四角いのもはじめてみました!
家のほうでは丸でした
丸は沈めてくるりとまわすと、とっかかりがあって
そこに板がひっかかり浮いてこないように止めることができました
(説明つうじたかな・笑)

昔風に言うと五右衛門ぶろみたいな感じなんですか?母親の住んでる家の風呂は薪でもよし、石油でもよし というタイプで亡くなった父親がよく薪を作ってましね~

完全に通じます

>mikeさん
普通の直焚き浴槽は、丸底なんですよね。
沈めてくいっとやるんですよね。
今は(といっても四半世紀前は)水より比重の重い樹脂製の底板があって
浮かないんです。沈んだきりでした。
それが破損したとき、同じものがどうしても入手できなくて
ケヤキの戸板を分解して四角にくり抜いた自作品です。

薪でもよし、石油でもよし

>自遊な世界 さん
今風にいっても五右衛門風呂みたいな感じです(^o^)
うちのは、ボイラーで給湯はできるのですけど追い炊きはできません。
ご覧のとおり、浴槽が大きいので熱い湯で温め直しするのはムダが大きく
沸かすのも追い炊きするのも薪でやってます。
給湯するのはお湯が減ったときくらいですね。

煙突が詰まっていたので、サンタさんはきませんでした。
クリスマス前に掃除しておけばよかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

WELCOME