新歌舞伎座 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

新歌舞伎座

五月に歌舞伎デビューしたところですが
新作ものを観劇する機会にも恵まれました。

演目は新水滸伝。主役は市川右近さんですが
演出や他の出演者はなんなん?これ。
市川猿〇、市川〇猿など猿ばっかり。
公演は同じ一門でやるものなど、おきてがあるのでしょうね。

セリフは全部現代口語なので、イヤフォンガイドは要りません。
宙吊り、とんぼ返り、通路で殺陣もやる華やかな舞台でした。

気づいたことがあります。
歌舞伎といっても今日のはお芝居です。
でも、舞台の役者さんは本来、演者どうし対面してセリフをいうべきところを
並列して客席に向かって演技をされるのです。そして大見得。

そこんところ、違和感があり、新鮮でもあり、これが歌舞伎なんだと納得したり。

それから新歌舞伎座のシートは座高が高すぎる。疲れます。
45㎝あるんじゃない?
テンペストを二階席で見たときは、そうは感じませんでした。
1階席と2階席では仕様が違う?

それから、チョイ役でとんぼ返りやアクションをする人たち、
歌舞伎メイクはしないんですね。

女形さんのセリフ回し、女性がしゃべっているとしか思えない
すばらしい演技でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

WELCOME