高校野球甲子園2013 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

高校野球甲子園2013

応援チケット

今までテレビでしかみたことのなかった高校野球夏の大会へ
地元高校出場に便乗して、応援に行ってまいりました。

試合には負けた

負けちゃったけど、楽しい試合でした。
球場の中は浜風が抜け、決して涼しいわけではないけれど
思うほど暑くはありませんでした。

昨年の県大会の応援のときのほうが暑かった。
あのときは素足にサンダルという
誤ったいでたちだったので、足の甲が水ぶくれするかと思いました。

外待ち

アルプス席応援団は試合ごとに入れ替えです。(例外もあります)
前の試合が終わるまで、外で待ちます。
総勢2000人が、です。
人いきれで風が抜けず、日なたでじっと待ちます。
そっちのほうが暑いのなんのって。

試合が終わると、順繰りに入場して
試合前にはスタンバイ。
終わったら入場以上の速さで撤収です。

入れ替えはたったの30分
30分の中には校歌斉唱、土あつめ、応援団へのご挨拶なども含まれます。
忙しすぎるねん。甲子園球場の雰囲気をゆっくり楽しむ時間などありません。

隣りの人は個人で星稜の応援にきて、そのまま残って桜井を応援しておられました。
せっかくなので、一日中、4試合を観戦して帰る予定だそうです。
3塁側アルプスさえ出なければずっと滞在できます。
入れ替えのときに食事を調達すると言っておられました。

普段、プロ野球観戦にくるときと違い
売店で食べ物を買う人も少ないように思います。
皆さん、応援に忙しいから食い気に走ってはいられません。
生ビールの売り子さんがいることに驚きました。

当日は、墓参りするために夜明け前に起床したものですから
小腹がすいてしかたありませんでした。
試合前に、だれも並んでいない売店で、名物の焼きそばを買いました。

お味は、なんだか酸っぱいの。

傷まないようにわざと酢を加えているのかな?
隠し味かな?
ビビりました。けど食べました。
ここは日本だもの。毎日焼きそばを提供してくださっているのだもの。
私はピンピンしています。

我が桜井応援団は観光バス47台仕立てで、総勢2000人の団体です。
バスの内訳はさまざま。
在校生で何台か仕立てたり
個人の選手の応援団として仕立てたり
地元シニアリーグチームで仕立てたり
何年卒かのOBで一台、
それぞれが通し№をつけ、一斉に桜井を出発するさまはすごかった。
香芝SAに全車終結するさまもすごかった。

ヨコ15列

指定の駐車場には50㎝の間隔で横15列、縦3列が整然と並びます。
その姿はまるで列車のようです。
制限時間内に散会しなければ、次の試合には駐車できないというペナルティがあります。
だから、皆さん、あわてて戻ってバスの中で遅まきの昼食をとる。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME