クルージングのプログラム - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

クルージングのプログラム

プログラム

朝8時にハノイを出発です。
正午すぎに乗船して、食堂でレクチャーを受けたらチェックインです。
そのあとすぐにWELCOME LUNCHが始まりました。
船内共通語は英語です。

その後、2人乗りシーカヤックで大海原に放り出され
てんでバラバラに奇岩周辺をぐるっとひとめぐり。
水上生活者の集落も間近で見られました。

もどったら、屋上デッキでサンセットパーティ。
続いてクッキング教室。ベトナム風揚げ春巻を覚えて帰りました。
日が暮れたらコースディナー。さっき巻いた春巻もいただきます。
そのあとLEDライトを使ってイカ釣りしてもいいし、しなくてもいい。
シャワーを浴びて、サンライズに備え12時前に寝ました。

朝は太極拳。
ビュッフェモーニングのあと、洞窟探検に出かけました
船で湾を移動しますが、上陸するためにタグボートに乗り換えます。
朝ごはんと昼ごはんの時間がくっつきすぎて全然空腹ではないけどFAREWELL LUNCH。
正午に下船しました。

クルーズ航路

ホンガイ港を出発して、沖のスンソット付近で停泊しました。
(日帰りツアーの船は対岸バイチャイ港から出発して違う航路を進みます)
波はなんにもたたず、鏡のように静かな海だったので
錨をおろしても全然揺れず、船酔いすることもなく眠れました。

もし、二泊三日のプランを選んだら
二日目は無人島へ連れて行ってもらって
海辺でBBQしたり、カヤックに乗ったりして一日を過ごすことになっています。
そして夜はやっぱりイカ釣り(^o^)

コメント

こ これが?

”のんびりと自然を楽しむ旅” ?
けっこう体力的にもスケジュール的にもハードやないですか?

冒険心・探検心はかなり充実しそうだけど。

忙しいですか?

>くじびきはずれさん
それがどうして、ほとんど歩きません。
運動といったらカヤックと洞窟歩きしただけで、あとはすべて飲み食い(^o^)
ほとんどは船ですごすし、洋上へでるときもタグボートに乗り換えるだけ。
「じっとしていたら、むこうから面白いことがやってきた」感覚です。
カヤックが体力的にダメな人は、
ベトナムのおばさんが立ちこぎする2人乗りバンブーボートで
あたりをぶらぶらするという選択肢もありますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME