光圀伝 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

光圀伝

光圀伝

冲方丁著の光圀伝
天地明察のスピンオフみたいな小説でした。

水戸の黄門様が諸国を日本各地を漫遊されるくだりなどはなく
藩主をゆずったのち、水戸の住まいを改修する晩年の一時期
藩内の農家庄屋に泊まり歩いたとの一行にとどめられています。

改暦の安井算哲とのからみは、さすがにもう少し厚く
改暦成就したころから光國の名前を光圀に改めたそうです。

國のくにがまえの中身は「或」と書きますが
「惑」を連想するので、「八方」の字を好んだそうです。

天地明察よりは固い文調の光圀伝、
中井貴一さんの顔がちらちらしましたが、面白かったです。
いつか大河ドラマの主人公になること間違いなしの人だと思います。
中井さんじゃなくて、光圀が。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME