オオカミといえば - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

オオカミといえば

子供が小さかったころの天王寺動物園での思い出話。

何をみたい?とたずねると
「オオカミ」といいます。

オオカミを探して園内をぐるぐる回りました。
やっとみつけたオオカミは、しょぼかった。
犬以下でした。
期待はずれなオオカミに子供のテンションが下がったのがわかりました。
オオカミは檻に入れるものじゃないと思いました。

あとからわかったのですが
オオカミを飼育している動物園は日本ではめずらしく
たまたま偶然、天王寺動物園もそのひとつだったようです。

当時のオオカミはいまはもういないと思いますが
今も天王寺動物園にはつがいのチュウゴクオオカミがすんでいて
その名はチュンサンとユジン(^o^)。
投げやりすぎます。

アップされた画像は、昔と違って楽しそうにみえました。

コメント

私のオオカミのイメージは小さい頃読んだシートン動物記にでてる狼かな~。「オオカミ王 ロボ」 「ウォスカと勇敢な子オオカミ」とか、懐かしいです。今からでももう一度読み返して見たいですね

オオカミ

オオカミとはおばあちゃんや子羊をぺろりと丸のみする大きな動物
私も、おそらく子供もそうイメージしていたと思います。
#自由気儘さんへ

帽子をかぶり、ベッドに入ったら
おばあちゃんと見間違うほどの、おなじ大きさの動物です。
だのに、動物園でみたオオカミは精気のない普通サイズのイヌでした。

ロボは擬人的でないオオカミ、小学校高学年で読みました。
シートンの書く動物は哀しいイメージがあります。
そのころ読んだ書物は、大人になってからもう一度読み返すと
違った印象をうけるように思います。
私ももう一度読み返してみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

WELCOME