さよならペリー・ローダン - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

さよならペリー・ローダン

2013年、今年からローダンとさよならする決心をしました。

閉店してしまったヤマトーでは、テナントの書店BOOK LANDで
早川文庫ペリーローダンを定期購入してきました。

高校生の時に読み始めて、はや35年。
蔵書はものすごいことになっています。1~433巻まで号外も含めて435冊。
最初は一年に10冊だったのが、
いまではペースアップして一年に24冊(48話)、
本家本元の雑誌と同じペースで刊行されるようになりました。

通勤電車の中で読んでいたときは、往復で一冊がちょうど読めたし
毎週一巻発刊でもいいと思っていました。

でも今は、本を楽しむ時間の何割かがネットに代わり
あれほど発刊日が楽しみだったローダンを持て余しぎみになり
そこへ、本屋さんがなくなってしまったので
これで私はペリーローダンを卒業することにしました。

今、翻訳されているエピソードは
ちょうど、高校生当時に原書ドイツ版で発刊されていた部分です。

翻訳者松谷健二さん(故人)が、「あとがきにかえて」で
いくども「いつか、今の最新号を翻訳して日本の読者に紹介したい」と書いておられました。
翻訳者も読者も第一のゴールはそこでした。

「あとがきにかえて」では
ドイツ原書の刊行ペースは月に4話、年に48話。日本翻訳版では年に20話。
これではまるで、遷移宇宙船を追いかける三段式ロケットとおなじく
永遠に追いつかないとこぼされていました。

松谷健二さんのあとがきにかえてのファンはたくさんおられるらしく
このようなサイトをみつけました
早川晩ローダン後書きリスト

依光隆

そこへ、昨年の年末に訃報が。
ローダンシリーズの表紙、挿絵担当の依光隆さんが永眠されました。

今やったら、まだローダンを復活できるという心の迷いがふっきれました。
依光さんとともに、ローダンを卒業します。

rhodan440.jpg
1/10付で発売される最新号 440

コメント

祝ご卒業

 本国では、わしらが生まれる前からやってるらしいね。
 デューク東郷や北島マヤも真っ青。
 追いつけるはずがありません。

 ご決断に拍手。
 しかし、永年の友との別れ、心中お察しします。

なんて恐ろしい子。

1961年初稿の
記念すべき第一話は、米ソに抵抗する第三勢力として
1971年、アメリカ人のペリー・ローダンがゴビ砂漠に
テラニアシティを建設するところからはじまります。

ペリーののった有人宇宙ロケットが月の裏側に着陸したら
そこには高文明異星人、アルコン人のアトランとトーラが遭難していて
彼らの力をかりて、絶対的な支配力をもって地球統一をはかるのです。

ペリーの初婚相手はアルコン帝国ツォルトラル家の王女のトーラです。
いっとき私のスクリーンネームでした。

松谷さんのあとがきの言葉をかりますと、
人類が月面着陸に成功したのは1969年です。
1970年代に書かれた作品ならとりたてていうこともありませんが
1961年に近未来を予測してこれが執筆されていたということがスゴイです。

なんて恐ろしい子。月影千草ならそういうでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -

WELCOME