ほんのまくら - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

ほんのまくら

ほんのまくら写真
画像は紀伊国屋さんから拝借

小説の書き出し一行目はとても難しいものだときいています
紀国屋書店でほんのまくらフェアがありました

文庫本に紀伊国屋オリジナルのカバーをつけたのですって
買ったらサービスしてくれるマルチカバーじゃなく、一冊ずつのオリジナルです
本のタイトルは伏せて、書き出しだけを特大フォントで書きました

どんな本かは買ってからのお楽しみ。
もしかすると、すでに自分の蔵書かもしれません

闇なべみたいな売り方です

夏休みのイベントだったので、9月に終わってしまって
今は答え合わせがアップされています

ほんのまくら解答編

イベントのことを知ったときにはすでにフェアは終わっていて
WEBで答え合わせだけをみるだけですが、
解答編のブログで、一行だけみせられたら興味をそそられるし
思わず購入しようかという気になるから不思議です

解答編は五十音順に並んでいます
作家さんは「あ」から始まるペンネームを使うと有利だといわれますけど
書き出しも「あ」から始めたほうが有利みたいです

「ほんのまくら」~書き出しで選ぶ-〇〇冊~
「ほんのまくら」ご存じですか

コメント

 さすがにおもしろいこと考えるもんですな。
 日産自動車はバブルの頃、新型車発売にあたって、スタイル、スペックなど詳細を何も発表せず予約を受け付けるなんてことやってました。
 それに似てますね。顧客との信頼関係の為せるワザです。
 日本の書籍文化のトップランナーを自負する紀伊國屋の自信と矜恃を感じますね。

>katsuhikoさんへ

その車って何だったんだろう。
そのころのニュースはさっぱり記憶にありませんけど
日産のパオ、フィガロ、Be-1あたりのラインナップは好きでした。
大切にのっておられるらしい車が今でも走っていますよね。

ほんのまくらを編集するのは、書店のスタッフの手作業だったそうです。
またやって欲しいな。
そのときは、書店で手に取って購入したいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME