初めて入る冷泉家 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

初めて入る冷泉家

秋の特別公開では上京区西陣を中心に
報恩寺、浄福寺、冷泉家と三か所を巡りました


冷泉家は学生時代にさんざん門前を通っていたのに
当時から公開されていたように思うのですが、入る機会がなかったというか
勿体なくも入る機会を作らなかったので、入るのは初めてなのです。

大学院の門と冷泉家の門は並んでいて、
ぴしっと閉まると同じようなつくりでかなりまぎらわしいです

玄武鬼瓦
これは今出川通りから見えるところの門屋の鬼瓦です
御所の北面に位置するから、阿吽の玄武がのせられています
ここの真下をさんざん通いました

間取り図
間取り図

輿は靴を履かずに乗る乗り物で
輿をおりたら直接上がれるように玄関の板間(式台)は広いスペースがあり、
勅使は皇の代理人ですから、玄関を通らずに
塀重門から直接奥座敷上の間まで入れる構造になっていたり、
祇園祭の山鉾の先っちょについていた藁束(魔除けのしゃぐま)が
台所に祀られていたり、
蔵のことを御文庫とよんだり
冷泉家は藤原道長の末裔だったり
それもこれも、物知りになれたのはすべて協会の人の説明のおかげです

写真をいっさい撮りませんでしたが
かわりに説明を再現してあるブログをみつけました
冷泉家


冷泉家母屋

許可されるギリギリのエリアで写真におさめました
立蔀(たてじとみ)の向こうが式台です
どうしても背景に同志社大学がうつりこみます

これくらいの人数が集まると説明がはじまります
どの会場にも各所に京都古文化保存協会の人がたくさん配置され
時間を決めずに、箇所々で観光客が十数名集まったら解説を始めてくださいます
それがなかったら、何が有り難いのかさっぱりわからないところでした

ほんま、古文化保存協会の人は若いのにすばらしい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -

WELCOME