漢字の成り立ち 鳩 鴉 蚊 猫 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

漢字の成り立ち 鳩 鴉 蚊 猫

中学生が面白そうな本を学校で借りてきたので
先に横どりして読んじゃいました。

「日本人の知らない日本語」
なるほど~×爆笑!日本語”再発見”コミックエッセイ
蛇蔵&海野凪子 著

全エピソードがまんが式なので、就寝前の15分もあれば読めちゃいます。

その中で、へえ~、ほお~と思ったところをひとつ。

ハトはクークー鳴くので、九と鳥で鳩
カラスはガーガー鳴くので、牙と鳥で鴉

どうです?
へえ~、ほお~でしょ。

さらに続きます

蚊はぶんぶん飛ぶので 虫へんに文
猫はみゃおみゃお鳴くのでけものへんに苗(中国読みでミャオ)

かねてから、猫と言う文字はケッタイな構成をしていると思っていたら
中国式音読みだったんですね。がってん。

マグロは鮪と書きますが、本家中国では鮪はヘラチョウザメを指します
日本に鮪の文字が入ってきたとき、誰もヘラチョウザメの存在を知らず
大きくてくちばしの尖がったりっぱな魚らしいとの情報で
「それはくちばしの尖がったカジキマグロと違うか」ってことになったそうです。

著者のブログがみつかったのでリンクします
男一匹。まめじゃない日本語教師がまじめに日本語を考える

コメント

おはようございます

面白いですね、漢字の成り立ち・・・

いまだに漢字が苦手な私ですが!

愉快

象形文字から漢字に発展して、またそれが日本独自の仮名へと変化。
中国から伝来した時既に意味や読みが微妙に違ってたりするのも面白い。
しょっぱつの鳩からハッとさせられました。

なるほど! と唸らせてくれるこうゆうの、好きです。

おもしろいでしょ

>すーさん
>くじびきはずれさん
できたら猫は、ビョウと読まずにミャオと読みたかったです
続編も、又借りして読ませていただきます

漢字

中国語で手紙は「トイレットペーパー」火車は「汽車」の事です。
同じ漢字でも微妙に違いますね。
韓国語も元々は漢字。もしハングル表記でなかったら
おかしな表記があったでしょうね。

例えば峠という字は日本で生まれた漢字。
裃(かみしも)同じだと思います。
日本生まれの独特の漢字もあります。
その成り立ちを調べるとおもしろいですね。

おはようございます

>小夏さん
そのような時間にアクセスされるとは珍しいですね
おはようございます。
裃ってまさに上と下!
そうだ。日本語にもあったんだ。
何年かたったら
けものへんに黒と白、なんていう漢字ができているかもしれませんね。

「...日本語」は3巻まで出てるよ

こんにちは
こちらではお久しぶりです(汗)

このお二人の組んだ本で
「日本人なら知っておきたい日本文学」というのが出ました。
超訳ぽいですが面白いですよ。

今日、貸してもらってきたっ!

>かちゃにゃん ごぶさたです。
なぜか2巻ではなく、3巻を貸してもらいました。
今夜読みます。
広島焼を食べながらパラパラっと読んでみたけど、やっぱりぎょぎょっ。
こうなったら日本文学もぜひ読みたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME