天地明察 冲方丁 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

天地明察 冲方丁

今日は映画の日でした。
外出ついでに封切られたばかりの天地明察をみてきました。

天地明察に「今年一番」の称号をささげます。

エンディングが近づくと、びんびん鳥肌が立ちました
インテリジェンスを感じる映画でした




映画の原作者、冲方丁(うぶかたとう)さんが
ゴールデンラジオにゲストでこられた時の放送をポッドキャストで聴きました
たまたま映画に出演していたきたろうさんと
映画(試写?)をみた大竹まことさんとで話がはずみました

その時の話を思い出してみます

ロケは全部京都で撮った。
映画の出だしは何気なく始まるが、進行するにつれてどんどん緊張がふくらむ。
主人公の成長をシンプルに万人に伝わるように作られた。

映画には原作にはないシーン(戦いとか)があるが
入れることで他のエピソードを割愛して尺を短くできる

原作では(映画より)もっと数字やら緻密な計算やらがでてくる。
それをわかろうとすると難しいので読み流せ。(映画にはない)




夫婦とはいえども、あの時代に聴衆の前で抱き合うかな~

そこのところを冲方丁さんはこうおっしゃっていました
原作にはないエピソードだけど、現代の人にも通じるようにと
滝田洋二郎監督が挿入されたのでしょうと。

水戸光圀役の中井貴一さんもよかったね
光圀公のポジションも重大だし
と思ったら、これは次なる書への伏線でした

冲方丁さんの次作「光圀伝」が9月4日に発売されました
「天地明察」とリンクし、別な方向から光圀と安井算哲を描いてあるそうです
決めた。どちらも読みますます。

コメント

おはようございます

べた褒めですね、見にいこうという気になりました。
優秀な広告マンですね。

>すーさんへ

おほめいただきありがとうございました
映画の感想5行で観たくなっていただけてうれしいです。

本望は、本を読もうという気になってもらいたかったんですが。
先に読んで、貸してあげようという人が現れたらとおもったんですが。

むずかしい名前

勝手に
「おきかた てい」さんと思てたorz

生方棟

>katsuhikoさん

私は、漢字が後付になりました。
「おおたけまことめいんでぃっしゅ、ほんじつのおきゃくさまはうぶかたとうさんです」
ラジオでは耳から入ってきます。脳内では生方棟と変換されました。

結局 観て来ました。

コペルニクスやガリレオのような迫害ではなく、公家との低レベルな戦いで良かったと思います。

渋川春海より安井算哲のままの方がイイ。 
算 哲 なんて素晴らしい名前なんだろと思います。

やっぱ宇宙、星っていいなぁ。
ただ莫大なデータ量を保持する根気とコンピュータ並みの計算は苦手。
ポケーっと眺めているに限ります。

いい名前です

>くじびきはずれさん
やっぱりご覧になられたのですね
碁打ちの安井家では、代々安井算哲 算●という名を襲名するのでは?
いい名前です。
私にもそんな理哲とか算哲とかそのような名前をつけてほしかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME