記事一覧

石垣島といえば

ミステリーツアーの行き先は石垣島~西表島らしい
そうわかったとき、二人の友達にメールした

一人が、石垣島ラー油をみやげによろしくと返してきた

別な場面では、同行した娘もおもしろいことを言った
「石垣島といえばなんとか食堂や」
「かもめ食堂?」 「ちがう」
「かたつむり食堂?」 「ちがう、ちがう」

二人の話を合体すると
ペンギン食堂石垣島ラー油になる

そうか。石垣島だったのか。

ペンギンは店主さんの本名
鳥のペンギンじゃなくて辺銀なのだ。(ネット情報の受け売り)
今、どこの店の棚からも品薄の
辛そうで辛くない少し辛いラー油の元祖だ


「そこの角を曲がって・・・。でも行列だよ」
とホテルの売店のおばちゃんが教えてくださった
フリーの旅行なら店の前までたずねていったかもしれないけど、
今日はどうしても行けない。
ツアー客にそのようなヒマはない。
でも、行かなくて正解。
食事した人にだけ一つ譲ってくださるそうだから。(ネット情報の受け売り)
島とうがらしラー油なら、どこにでも置いてありました
ラー油の中に唐辛子の実がぷかぷかしているもので
どうみても、食べられるような具ではありません

帰りに石垣島空港のショップで、ほんまモノの石垣島ラー油が
他の商品と抱き合わせで売られているのをみつけました

たった一本だけ
しかもセット価格で4500円
八重山の方言の書いた手ぬぐいは要りませんって

石垣島ラー油
イメージ画像




で、帰宅してから ぽちっ と押しました

うそ。
ペンギン食堂はネットショップじゃないのでFaxしました。
したら、確認のお電話をくださいました。


どうせなら14本
納品はおよそ、9ヵ月後。
10月と10日もあれば、赤ちゃんが産まれてしまいます。

感激だなあ
通話履歴に「ペンギン食堂」が残っているんですよ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

WELCOME