西ノ京薬師寺の東塔大工事 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

西ノ京薬師寺の東塔大工事

薬師寺の工事の養生

ただいまの薬師寺東塔は養生で囲まれています
これがはずれるのは6年後の西暦2018年とのこと

長いなあ~

工事の内容は、「東塔を全部解体して
木材を取り換えて、元通りに組み立てる」

彩色は施さないようなので
見慣れた茶色い東塔として、再びお目見えするようです

分解する工程で、ものすごくドえらい発見があるかもしれませんね

素屋根と養生がとりはずされたら
6年後の春にはこのような景色が再び楽しめることでしょう
そのとき私は何をしているのかな

5年前の春薬師寺
2007年4月13日撮影

コメント

おはようございます

6年後、元気で働いて人生を楽しんでいることを夢見て頑張ります。

どんな発見があるのかワクワクしますね(^_^)ニコニコ

歴史的建造物がいっぱい

うらやましいです。
こちらにはそんなに沢山はありません。
古いと思っても、鎌倉時代の物が多いです。

自分の庭が、国宝。
地図やガイドブック無しで歩ける所が、うらやましいです。
6年後、私も元気で修復が終わった薬師寺に行きたいな。
その時は、先達ヨロピク!

>すーさんへ

こんばんは
今日は寒かったです。雪が粉吹きし、手指のしもやけは一向に治るきざしがありません。
6年後もこのブログが続いていますように
みんな元気でいましょうね。。

>小夏さんへ

こんばんは
鎌倉時代でも十分古いじゃありませんか
六波羅蜜寺の空也上人像も鎌倉時代のものでしたよ

奈良で薬師寺を選ばれるとは通ですね
個人的な感想ですが、奈良を訪れる人はまず東大寺、二月堂、正倉院、、春日大社、興福寺コース。
二番人気が法隆寺、中宮寺の斑鳩コース
その次が西ノ京か明日香か、好みで分かれるところです

ここのブログをのぞいてくれる人には
バリバリのツアーコンダクターみたいな人が何人かおられます
いつか奈良にこられたら、その人たちの力もお借りしましょうね

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

とうとう・・・

奈良の歴史文化財は毎年、どこかしら何かしら修復やら改修が行われています。 今現在、有名なところでは東大寺の正倉院(屋根の葺き替えを主とする整備工事)と薬師寺東塔(解体修理)。 薬師寺東塔の方は一昨年の平城京遷都1300年祭の前に一度、調査のために足場と...

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME