夜のディナークルーズで立待月 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

夜のディナークルーズで立待月

中秋の名月から二日たつ

今年の中秋の名月は9月12日でした。
それから二日たった14日、大阪帝国ホテル前桟橋からディナークルーズ船にのって
いわゆる「立待月」を鑑賞してきました。


舟の上から大阪城
船のデッキから大阪城をパチリ。
前回、見えるポイントを予習しておいたので撮りのがしはしませんでした。
大阪城はライトアップされていますから昼間より簡単に見つけることができます。


しゃがむ橋
淀屋橋近くの橋、しゃがまないと頭どころか顔をうちつけてしまいます。


大阪城から船着場と屋形舟
下船後、橋の上から。
船着場と屋形船、そして遠景に大阪城が光ります


笑顔は人を幸せにする
「笑顔は人を幸せにする」
船内で隣り合ったひとからいただいたハガキ
テーブルの上でちょいちょいと私に書いてくださいました
ステキです。

クルーズはこれが二回目。
前回は5月末の昼間に乗船しました。
ベストシーズンはやはり、4月初旬の桜の季節だと思います
川辺には桜の木がいっぱいでしたもん。

コメント

絶景

八百八橋 水の都 太閤はんの町でんなぁ。

肝心のディナーv-212はやっぱり顰蹙モンでしたんやろか?

料理の写真はいっさいない

テーブルの上でデジカメを構える勇気はありませんでした。
お料理は鶏ハムみたいな冷菜と、魚のクリームソースかけ、ミディアムローストした牛肉とアールグレイ風味のプディングでした。

向かいのおじさん、かごに入ったパンをフォークで刺してとられました。お料理はだいたいに一口で召し上がり、気取らないところが好感をもてました。

このクルーズは90分間。出航してから60分で食事をし、残りの30分がデッキに上がる時間です。ゆっくりとお食事しているわけにはいきません。

おはようございます

なんと優雅な御遊びを・・・・
確かに、くじびき はずれさんが言われるようにディナーが・・・・(^-^)

優雅な遊び

>すーさんへ
昨年夏、もっと優雅な川遊びを教えてもらいました
貴船の川床遊びです。
あれはよかった。
ディナーはどこかでみたようなフレンチです。
想像しとくだけのほうが美味しいかも。

おはようございます

>貴船の川床遊びです。

おおお、それは優雅ですね。私はいつも道から眺めるだけです。

ステキな立待月^^

十六夜は一日後ですが、二日後は立待月というんですね^^
読みかたは「たちまちづき?」

奈良県で被害のニュースを見るたびに
あいうえだあさんちのほうはどうなってるんだろうと気になりましたが
ブログがアップされるのをみて安心していました。

いいお顔で、満喫されたのがわかります
名古屋港にもクルージングあるはずだから一度は…
でもその前に、「長良川の鵜飼い」も行ってみたいわ^^

それから、下のTシャツにうちの夫の名前もあるわ・うふふ

「長良川の鵜飼い」

mikeさん、お久しぶりです
「長良川の鵜飼い」
観光鵜飼の本家本元といえましょうか。

じつは昨夜、宇治川の鵜飼を楽しんできました。
台風による悪天も予想されましたけど、奇跡のごとく雨がやみました。川面は涼しかったです。

ご主人の名前はどれかな~
あれこれ想像させてもらっときます!(^^)!

立待月

高校のとき担任の先生に教えていただいた言葉です
十五夜を過ぎるとだんだんと月の出が遅くなるので
お月さんを待つポーズになぞらえて
立って待つ(立待月)
座って待つ(居待月)
ねそべって待つ(寝待ち月)
と呼ぶのだそうです

 いい笑顔!

夜景の中の、あいうえだぁさんの笑顔が、とっても素敵!
後ろに写っているまぁるい光は、お月様?
デジカメで、こんなにきれいに光って写るのねぇ

そう、立待月よ。

この洋服、太ってみえません?
横縞は危険よねぇ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME