FC2ブログ

国宝が三つもある元興寺

20190507元興寺極楽堂

真言律宗元興寺(がんごうじ)
日本でも古いお寺です。
国宝が三つあります。世界遺産です。

いちばん古い仏教寺がたぶん明日香村の飛鳥寺(588年)。
当たり前ですが大化の改新より古い寺です。
飛鳥寺を建てた蘇我馬子をクーデターで倒したのが大化の改新ですから。

710年に奈良へ遷都し、
飛鳥寺が移されて元興寺になったのが718年です。
130年の間に寺が何個建てられたか考えたら
あの当時、寺を建てられる大工が何人いたかを考えたら
元興寺は日本ではものすごく古いお寺だと思うんです。

元興寺にはさぞかし立派な仏像があるだろうと思ったら、曼荼羅ばかり。
まんだら。知ってます?
絵です。仏様とあの世を絵で描いたもの。
キリスト教でいうステンドグラスみたいなものです。

じゃ、何が国宝かというと、次の三つです

1)曼荼羅堂(曼荼羅を祀った極楽坊)

20190507元興寺極楽堂横から

迫力があります
カッコいい。

20190507元興寺極楽堂と僧坊裏からみたら

裏側に回ると、瓦の色がまだらです
赤や黒の瓦は飛鳥時代のもの。すごいわ。

20190507元興寺飛鳥時代の屋根瓦

奈良県では(どこの地方でもそうかもしれませんが)
奈良県はケチのくせにええかっこしいなので
屋根瓦を葺き替えるとき、
表のパッと見えるところには新しい瓦を配置し
まだ使えそうな瓦は表から見えないところへ移動するのです
表は立派でも裏は古ふるというわけです。

2)禅室  僧坊のことです

20190507元興寺僧坊

3)五重小塔
屋内にかざった五重塔小塔。
どこかのお寺にも国宝がありました
そうだった。海龍王寺 。あそこの五重小塔も国宝でした。
写真はないので思い出だけ。

20190507元興寺極楽堂パノラマ

コメント

非公開コメント