FC2ブログ

スパークリングワイン

290827ワイン2

昨日、大阪工業大学(通称OIT)梅田キャンパス最上階
夜景を楽しみながらワインをいただく時間をいただきました。

ドリンクメニューから選んだのはスパークリングワイン、
自分の期待したのは白かロゼのシャンパンでした。

運ばれてきたのは見た目まったく赤ワイン。氷がひとつ浮かんでいます。
オーダーミスしてるんじゃね?黙っとこ って目配せしてひと口飲んだら

あ。スパークリングしてる。

メニューの表現に間違いはありませんでした。
これ、私のマシンで作れるよ。

290827ワイン1

さっそく作ってみました
フルボディ赤のスパークリングもなかなかいけます
予想外に泡がでて、掃除がたいへんでした。


キャンパス最上階のリストランテ翔21は
ふだん学生さんの学食でランチが600円台で食べられるそうです。
学生さんにとって600円はちょっと値がはるやもしれませんが
職員や教授陣にはありがたい値段です。

どこかの大学で贅沢品が計画に入ってたと批判されたワインセラーもありました。

都心のど真ん中のキャンパスって、学生さんにはどんなポジションなのでしょう。
人混みに刺激をうけるのか
通学途上の目の毒が向学心をそいでしまうのか
アルバイト先には困らないのか
ランチタイム、夜の飲み会、物価が高すぎてはっちゃけられないのか

私は大学とは文化を発信する場所だと考えていますので
都会で、田舎で、大学誘致は大賛成です。
ワインセラーのある学食レストラン、賛成です。

コメント

非公開コメント

No title

東京都区内への集中が良くないって言われてますが、要はその大学の持つ魅力だと思うんですよね~どこにあっても魅力のあるところには行くと思うんですけどね

>自遊自足さん

30年ほど前から関西学研都市といって
京都南部の片田舎、京都市より奈良市に近いところに
同志社大学が引っ越しました。
あれから30年、それなりにアカデミックな街づくりができたとは思いますが
肝心の同志社は京都御所前に戻りつつあります。
京都でさえそうですから、都内に集中する事情はよくわかります。
地方で生き延びるためには学生と地域住人に魅力ある大学づくりが必要です。難しいですね。

お疲れ様でした。

実は、学生・教職員はお昼のワンプレートバイキング、400円なんです。
一般のお客様600円と。盛り放題なんで、それでも相当お得です。
昼、夜で客単価が十数倍に跳ね上がります。
春以降頻繁にテレビの取材があったので、もはや穴場感うすれ、混雑で学生が利用し難くなってます。どうぞ御贔屓に。