なんかな~ - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

なんかな~

8月1日にわたしのPCがとびました。
だいたいのデータは復旧し、
壊れたデータも本当に大切なものはプリントアウトしていたので
最後は手入力で、4ヶ月経った今、まあまあやっています。

壊れたデータは主にエクセルファイルで
頻繁に更新していたものです。
頻繁に更新していたから、復元できなかったんだろうと
後付けで自分で納得しています。

気がかりは「住所録」。
一年に一回だけつかう「住所録」。

「はじめての住所録」という、マイナーなソフトを使っていまして
理由はものすごく安価だったから。
バックアップをとっていれば、わかりやすい名前のファイルが見つかるはずなのですが
そんなもん、とったことがなく
どこかにランダムな数列か英数字の名前のついたデータファイルがあるはずですが
さっぱりわかりません。

去年の年賀状を片手に地味にやるか

そう思っていたところ、奇跡が起こりました。
2009年にデータのCVSファイルをとっていたみたい。
7年前のデータがみつかり、復元できました。

所詮、7年前のデータですから
反映できていないところも多く、拍手喝采できません

なんかな~

コメント

No title

パソコンに依存するのもよし悪しですね~ 住所録って結構大事ですよね。私は何故かパソコンでは住所を管理してないんですよね~ 

>自遊自足さん

住所録の大切さ、それは交流の途絶えてしまった人たちとつながる唯一の痕跡だと思います。
残っている情報ではもはや連絡はとれないかもしれなくても
連絡する必要など絶対になくても
たとえば、こどもが昔お世話になった担任の先生など
「その人」の記憶は紐付けできますから。
という意味で2009年更新のものでも大切です。
こういうものは紙だしが必要ですね。反省。

手書き住所録

私は住所録を手書きに戻しました。
厚手のノート使っています
カテゴリ別に分類するので手間かかりますが
安全です

この数年で年賀状は親戚のみ書くことにしました
解放されています

年々頂く年賀状は減りますが
引っ越しましたの葉書は来ます
年始は賀状を見て住所録のアナログ更新です

年賀状は書かなくなったけど
普通にお手紙は書きますので
住所録はやはり大切なんですよー

>らめるさん

今回の事件で反省。
わたしもアナログに戻します。
パスワード帳がアナログノートでして、しょうむないパスワードも大切なパスワードも設定した順に書いてあって、
しもた、同じアナログでもカード式にすればよかったと反省しとります

管理コストが

痛い目に遭うのって勉強になりますね
ハードもソフトも壊れますものねぇ
一つで完全に管理って難しい

私はプロバイダ契約の古い書類を
捨ててしまったことがありますよ。
初期IDとパスワードが不明で
あの時は超面倒でした…

それ以降PC関連の重要なデータは
ウェブメールに豆に書いて更新
保管ボックスに残し
更に自分の2つアドに送る
で何とか凌いでいます

わたしの場合

パスワードとプロバイダ関連のデータは完全アナログですわ
それをどうして住所録にまで適用しなかったのかが悔やまれて仕方ない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

WELCOME