貴船川床 大人の遊び5/6 - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

貴船川床 大人の遊び5/6

川床1 川床2 川床喜らく


貴船川の涼しい川床で遊んできました

叡鉄で貴船口までいけば、お店のお迎えがきてくれます
駅から貴船までの2kmの道のりは歩けないこともないですが
歩くより、やっぱりマイクロバスがよいです

お店の真向かいの貴船神社でしばらく遊んだのちに
川床へ向かいました

川の石にはびっしりと緑の苔がはりついていて
酸素とクロロフィルのパワーをいただきました

川床せせらぎ

川のせせらぎ激流がうるさくて
大声をださないとお話はできません

川床ハモ 川床鮎 川床鰻

ハモの洗い、鮎の串焼きなどをいただいたあと
さすが、大人の遊びどころは違うと思いました
〆のごはんはウナギでした

鮎の薬味は山椒の香りのする佃煮でした
で山椒の実は入っていない
さては山椒の葉の佃煮?(なら、自宅で作れるかも)
と思いましたが、山椒の花の佃煮だそうです

そこまで楽しんだときにゲリラ雨が降ってきました
やっぱり今回も京都は雨でした
今年に入って雨率4/5だったのが
昨日の貴船の通り雨で5/6と降水確率がアップしました

鉄砲水がきたら床ごと流されて、三条河原まで流れてしまいます
もとより、屋根がありませんねん
ついているのは日よけのヨシズだけです

ウインブルドンみたいなシートも用意していないようで
テーブルやござなどの撤去が始まりました
もう、お料理はみな食べたところだし、これがきっしょとお会計になりました

(「きっしょ」って漢字に変換できないと思ったら、なんと大阪弁でした)

川床ゲリラ

土砂降りは帰りのマイクロバスの中だけで
貴船口の駅についたときには
もう雨はすっかりあがっていました

そこで、ひと駅となりの鞍馬まで足を伸ばすことになりました
お隣の団体は、この真夏のくそ暑いなか、鍋を囲んでおられました

と、思うでしょう?
それが、すずしくて鍋でもカレーうどんでもなんでも食べられるんです

ところがお隣さんは、来るのが少し遅かったので(ちょうど12時ごろ)
鍋たけなわ、まだまだ具材が残っているときに撤収となりました

仲居さんが 増水 雑炊は中で!! と叫んだはりました
雨が降ったら、屋内に入ることになるらしいんですけど
それは興ざめやったことでしょう

そして、雨がおさまりかけたころ
タクシーにのったホンマもんの舞妓はんと道中ですれ違いました

夜の川床はライトアップしてまた、風情のあるものなのでしょう

昼間はドレスコードなし
お席とお席の間には、空いたテーブルがありましたから
運がよければ飛び込みで入っても床料理にありつけるかと思います

コメント

貴船川の涼しい川床・・・
涼しげでいいですね。
いつか行ってみたいものです。
私は炎暑の下の動物園で溶けそうでした。

ちなみに、きっしょとは、どんな意味なんですか?

貴船は京都の奥座敷

なぁ~んで貴船が京都の奥座敷だってわかっちゃったのかな~

バレてしまったものは仕方がありません。自慢して申し訳ないですが、それはいいところです。ロケーションもお料理も仲居さんの気遣いも一品でした。

「きっしょ」っていうのはね、潮時とか行動を起こすきっかけ時につかうことばです。大阪弁辞書によると「けじめ」と訳されていますが、『だらだらした毎日にきっしょをつけなさい』という言い方はしないと思います。パチンコで負けているとき、大嫌いなタレントの曲がかかったのをきっしょに席を立った などと使います。

上品でんなぁ

ハモ のこと。
さすが京料理ですわ。

聞いても行ける身分やないし、金額は聞かんときます。

けど、何人様ご一行でしてんやろ?
鮎は5匹?  一人1尾やったんですやろか?
せめて2尾ぐらいペロッと行きたいとこですやん?

>くじびきはずれさんへ

もしもし、くじびきはずれさん
京都のお上品は5匹も食べませんえ。
納涼川床料理の真ん中を10人で行きました。
お隣の鍋はハモしゃぶ会席だったんだと思います。今度行くことがあったら、もうワンランクアップして、ハモしゃぶで大人を極めたいと思います。

お店のメニューのリンクをはっときます
http://www.kibune-kiraku.jp/dish/season_su.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME