高知ぶしゅかんと仏手柑は違うもの - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

高知ぶしゅかんと仏手柑は違うもの

読売新聞ぶしゅかん280827

なんとタイムリーな。
今日の読売新聞朝刊に掲載されていました。

晩秋に人の手みたいな形の実をつける仏手柑と高知で今食べるぶしゅかんとは違うもの。
(なんでぶしゅかんていう名で呼ぶのかが不思議)

高知弾丸旅行では絞って果汁を使う以外に、
皮をすりおろして薬味にすることを覚えました。

また、温うどんつゆに輪切りを浮かべて
ほのかな酸味と香りを楽しむ方法を知りました。

ぶしゅかん果汁は要らないけど、ぶしゅかんの苗木は欲しい。.
「一本の木で100年以上も実をつける」
一生ものというか、先祖代々の宝物になれそうです。

こちらのサイトに両方のぶしゅかんが一挙掲載。
四万十100年ぶしゅかん

次に四国へ渡ったらぜひ四万十まで行かねば。
四万十に面白そうなところを見つけたんです(^^)

コメント

No title

これだけたくさんの柑橘類が出回っているのにまだ知らない物があるのに驚き。
花粉症に効くじゃばらとか出かけた先でなにそれ?って。

>かちゃにゃん

あたくし、昨日から稲の花粉で目がざらざらになってます。
じゃばらって??そんなん知らんかったです。
邪払と書くそうで、厄除けできそうな名前ですね
よっぽど苦くて酸いのでしょう。
ほんとうに、知らない柑橘類たたくさんあるんですね。
同感です。おどろいた。

ぶっしゅかん

昨日、そのニュースが高知放送で流れていました。
日テレ系列なので、読売新聞に出たんですね。

祖母が昔、お魚に絞っていたのがまさに緑の酢みかん。
仏手と書くにかあらん(かくらしい)が、そんな形をしてないと
不思議がっていました。やっと謎が解けました。

話が変わりますが、愛媛大学にミュ–ジアムがあり、虫の標本がいっぱいあって
体がひんやり冷えて、怖くて逃げ出しました(笑)

>小夏さん

「仏さんの手の中宝珠」だったんですね。
でも、これならうちのシークァーサーもぶしゅかんですわ
日本中にいろいろなぶしゅかんがありますわ。

動く虫は気色悪いです。標本になると美しいとおもうんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

WELCOME