下鴨納涼古本まつり - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

下鴨納涼古本まつり

2010年8月12日、やっぱり京都は雨でした
しかも台風ときました

台風もすっかりとおりすぎた、正午前に出かけました

会場の下鴨神社の境内糺の森(ただすのもり)へは
お京阪の出町柳から徒歩8分
賀茂川(左)と高野川(右)の合流するところの三角州の森がそうです

下鴨の森

下鴨神社(世界遺産)の原生林で、
やたら空気が濃いと思ったら京都パワースポットのひとつでした

雨はほぼあがっていました
奥まであるいて引き返すころにはすっかり上がって
ワゴンのブルーシートもはがれました
とたんに人がうじょうじょと出てきました

原生林

ここは晴れていても涼しいところですが
道中も涼しくてよかったです

中央本部には荷物一時預かり場とクロネコの受付があります
貧乏性の私らは、全部手に持って帰りました


不思議な蔵

途中でみかけた土蔵の扉が、なんか気になりました
エッシャーの騙し絵みたいです

左右の扉は同時には閉められません
向かって左側を閉めたら、
間口の1/3くらい開いたところからもう片方をひっぱって閉めると
ばっちり密閉される構造になっています
いっこ、掘り出したものはこれです
京きもののデザイン下絵集(1800円だったかな)
これを使って(真似して)ペイントしたいものがあるのです

京きもの下絵表紙 京きもの下絵中身



それから自分で鉛筆で書写する徒然草(700円)
解説つきです
付属の鉛筆は芯がとても太い、書写用のものです

えんぴつで徒然草 徒然草のおまけ



そして、英語の絵本BIG BEAR(300円)
中学生くらいの子が読むのにちょうどよい文字量です
なぜか、紙のカバーが寸足らずなので腹まきみたいな装丁になってます

BIG-BEAR.jpg



あこがれのマブチモーターから作って動かす工作教室
あと10年若かったら、買っていたと思います
かなり欲しかったけど、見送りました

マブチの工作

コメント

習性

本屋に入ると必ず大きいほうを催してくるパブロフの犬みたいな人、けっこう居てはりますやん?

あいうえだぁサンは大丈夫なんですか?
それとも大ジョブ?
あら、レディに失礼な質問してしまいました。

本でも何でも  古きよきもの ってエエですね。

>くじびきはずれさんへ

マイペンライ 無問題

しかもアウトドアなので、書店の棚の前に立つのとは違う感覚がしました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

WELCOME