富士山に登る - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

富士山に登る

駒ヶ岳

週末に富士山へ上ってきました。
観光客の集まる富士吉田ルートは避け、難関コース富士宮ルートをとりました。

というとかっこいいですが、実は夜中に御殿場ICで降りて
富士スバルラインへ向かうはずが、富士スカイラインを走ってしまったのが運のつき。

ま、ええか。
気楽な気持ちで早朝6時前、富士宮登山口へ降り立ったのでした。
そこで標高2400m。
あと1300m歩けばええねん。

それが大間違い。
フルマラソンよりきついです
マラソンは走るのをやめたら、苦しいのはなくなり
歩き続けることができますが、高山は違いました。

足が上がらない。
心臓が爆発しそうに脈打ちます
ずっと400m走を走り続けるみたいな感じです
立ち止まると頭くらくら、顔をあげると強風にあおられて下へ落ちそうになる

まだ登るところがある

下のほうはまだ上る道らしきところがあります

溶岩をよじ登る

7合目をすぎたらこんなんばっかり

てっぺん見えた

てっぺんが見えた時は嬉しかった
ずっと感動に浸っていたかったけど、30分ほど滞在してから下山しました。
ガスってきたから。

登り記録 下り記録 一日記録

バッテリーが持たないので途中からキョリ側アプリを起動しました。
富士山てほんとうに3700mを超えるねんなあ。

下り道は全行程。3700m~2400mまで高低差1300mです
下りは強風の向かい風とミストがきつかった
途中の山小屋には雨露をしのぐところがありません
噴火したら入れてもらえるかもしれないけど、雨や風では入れません

下りは8合目くらいまで降りたところで、もうええわと思いました。
くらくら。

感動の場面

そんなときであった感動の一枚。
下りは今きた岩(大人の太ももくらいの高さもある)を飛び降り
砂と砂利と岩混じりの急斜面を滑り降ります。

私なんか何度、足をとられ尻もちをついたことでしょう
一度は尻もちをついたとき背中に岩があたってムチうちになるかもと思いました。
子供を守ってくだるキツさはどれほどでしょう

コメント

おはようございます

すごい、登られたのですね。
私など生まれた時から見て来たのに登ったことありません。
登頂、おめでとうございます!

>すーさん

こんばんは。そうなんですか?
静岡の人ならたいてい登る山だと思っていました。
今回は静岡側から上りました。
同じルートは二度と行きたくありません。
疲労困憊でどうやって下ったか、記憶もありません。
山梨県側からなら登ってもいいけど。

日本人に生まれたからには
人生一度は登ってみたいと思っている人は
なるべく早く登ったほうがいいですよ

やったね!すごい!

かれこれ40年ほど前
一緒に事務仕事をしていた20歳ぐらい年上の近所の奥さんから
「毎年ご来光を拝みに富士山に登っとるんやよ…」と教えてもらい

とうじは世界遺産でもない富士山です
どれほどの人が登っていたかは知りませんが
かなり驚いた記憶があります

田舎の実家近くには道さえ知っていれば
子どもでも登れる山(545m程度)があって
遠足で登ったり友達と登ったりして
山登りはどちらかといえば好きでした
それ以上は未知の世界ですが(笑)

へ~富士山は登山家でなくても上れる山なんだ!と妙に感動して
いつか登ってみたい山になりました

だからあいうえだぁさんから富士登山の話をきいたときは
先を越されたか~感もあったわ(笑)
かなり大変そうだけどほんとに羨ましいです~
わたしもいつか登れたらいいなあ(*^-^*)

それから
下の21日の記事にもコメントしましたよ
読んでやってくらはい(*^-^*)

>mikeさん

気軽に登るなら富士吉田ルートをとることをお勧めします
15年前に幼かった子供たちと8合目まで登りました
こどもが気分悪くなったので、そこで断念しましたが
8合目まではなんにも難しいルートではありませんでした
道幅が狭く、登山者が行列で登っていました

今回登った富士宮ルートは、いわゆる登山道みたいなのはなく
ガスったときコースを逸脱したら遭難するからロープを張っておこう
みたいなルートでした
ストック等、それなりの装備が必要です

いづれにしても登るなら一日でも若いうちにどうぞ(^o^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -

WELCOME