ぎぼしの吹よせ - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

ぎぼしの吹よせ

ぎぼしの吹きよせ

先日、近又で習った料理言葉「吹きよせ」は
秋の枯葉が風に舞い、風だまりに寄り集まるさまを
料理で再現したもの なのだそうです。

これは京都四条柳馬場通上ルの昆布屋さん「ぎぼし」のあられ・吹きよせ

みかけはタダのあられですが、味が違います
そんじょそこらの塩味だけのあられではありません
塩薄め。昆布出汁の旨み、猛烈なグルタミン酸の味なんです。
要するにおいしい。
橋のらんかんの先っちょはぎぼしといいます
関西では書くときは擬宝珠 (ぎぼうし)ですが、言うときはぎぼしです


恒例の京花見を企画してくれる友人が、帰り道にこのお店を教えてくれました


ぎぼし酢こんぶ

おまけに買った酢こんぶ2種類
消しゴムみたいな形でおもしろそうで買いました
酢こんぶといったら都こんぶしかしらない私です

求肥昆布は蒸してから味付けしたもの
都昆布程度の柔らかさですけど、分厚みと酢加減が全然違います
私好みです

酢こんぶは道南産昆布(昆布にブランドがあることは近又で覚えた)を
米酢で熟成してあるそうです
同じく分厚みと酢加減と硬さが都昆布とは全然違います
20代の子供はこちらが好みだといいました

コメント

1個買うたら・・・

また欲しゅうなって クセ になりませんやろか?

都こんぶがエエ例ですねけど。

>くじびきはずれさん

ざっつらいと
癖になります
錦市場のアーケードがすぐそばに見えていますので
錦を横断するとき、ちょっとついでにとなりそうです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -

WELCOME