三木鶏卵の黄身あんぱん - わくわくドキドキくまのあな

記事一覧

三木鶏卵の黄身あんぱん

黄身あんぱん

金曜日は御幸町四条上ルで懐石のお料理教室でした。
四条上ルといえば錦市場の近くです
ぶらぶら歩いて、黄身あんぱんを買って帰りました

これはなにかといえば、菓子じゃない。あんぱんです。
パンの生地でパンを焼いてあります。
なかの餡が、卵いっぱいの和菓子の黄身アンです。

小さいサイズのほうだと、ぱくっっとひと口で食べられます
家庭への京土産にぴったり。
バレンタインデー前夜祭、チョコパの番外編でした。

コメント

分り易い

商品名にその土地の名前が入っていないのが土産としてイイです。

「東京バナナ」とか「京バーム」とか「△△に行ってきました」など、その場の名前が
デーンと主張している土産物は採用したくないヘソ曲がり者です。

>くじびきはずれさん

そこまで行きながら
何でだしまきやぅまき卵を買ってかえらへんねん
といわれました。それもそうです。

たしかにご当地の地名が入っている商品は
包装紙をやぶると「真っ白い箱」というイメージがあります

土産としては
おたべの「京ばあむ」より
辻利の「竹バウム」のほうが名実ともにおしゃれです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あいうえだぁ(奈良在住)

Author:あいうえだぁ(奈良在住)
経験値アップが人生の大きな柱。珍しいものがあると聞けば飛んでいきたくなり、普通の人は見過ごすようなものが気になるチャレンジャー女子です。

Calendar

 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -

WELCOME